CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
赤ブレイヴコントロール(タッチ紫白青)

崩すので。

続きからどうぞ。

続きを読む >>
| デッキ | 23:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ミストカーテンとかバインディングソーンとか

ミストカーテンが私の周りの環境では物凄く流行っている・・・気がします。
現環境は北斗七星龍からのブレイヴで簡単にダブルシンボルを調達することが出来ることが採用理由の一つだと思います。
あとはその軽さ。
現環境では序盤の除去合戦で自分のターンが回ってくるときに場にシンボルが全くない、ということがしょっちゅうあります。
つまり、軽減を利用せず展開することが多くあるため、なかなか場にコアを残しておけません。白以外でサイレントウォールを撃とうとしたら場のすべてのスピリットを犠牲にしないといけないなんてことがこれまたしょっちゅうあります。
そんな時に北斗七星龍からのケルベブレイヴなんて食らってしまったら、とりあえず生き延びたけど場は更地。敗北は必至です。
ミストカーテンならサイレントウォールの半分のコストで生き延びることが出来ます。

しかし、ミストカーテンも白装甲には効かないし、結局はアドバンテージを損するカードです。
北斗ケルベを止めたは良いけど、返しのターンで除去できずに負けた、なんて笑えません。

ミストカーテンもデッキを選ぶカードです。
スミドロードがデッキに入るコントロール系のデッキなら、一考する価値はあると思います。
白ならバウンス、そもそも軽減があるからサイレントウォールのほうが良いでしょう。
緑は返しのターンで除去することはまず不可能でしょうから、疲労マジックで寝かせたほうが良いでしょう。
紫は返しのターンで除去する術が豊富なので、積んでも良いでしょう。フェンリルキャノンType−Bに対するささやかな回答にもなります。
赤は・・・すごく微妙なラインだと思います。北斗ケルベなんてデカブツを赤が除去する術はかなり限られています。

2コスト、という軽さを求めるのなら、バインディングソーンという選択肢もあります。
バインディングソーンでは一番最初のアタックは止められませんが、相手のスピリットを寝かせることで、次のアタックステップにつなぐことが出来ます。テンポアドは取れます。
アタックにも使えるので、融通が効きます。

しかし、最初のアタックが止められないことが響く場合もあります。一長一短ですね。

自分のデッキが何に弱いのか、しっかり把握して、採用すべきです。
デッキの中のカード1枚1枚にしっかり役割を与えてあげましょう。
時にはどっちも積むことも考えても良いでしょう。


| バトルスピリッツ | 03:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新環境雑感

八星龍降臨から2週間ちょっと。
というわけで簡単に新カードの雑感。

・騎士王蛇ペンドラゴン

2回の優勝を紫でいただきましたが、やはりペンドラゴンの活躍によるところが大きいです。
先行2ターン目で相手のスピリットを除去しながら1ドローし、BP5000以上の壁を立てられるこのカードは素晴らしい。出てくるタイミングが早ければ早いほど良し。低めの紫スピリットのBPを大きく修正してくれるBP+4000も大きい。
逆に早めに引けなければ装甲連中に押し切られてしまうこともあります。
後半に引いてしまっても、正直ただBPを上げるブレイヴにしかならないこともあるので、過信は禁物です。(場合によってはそのただBPをあげることが大事になることもありますが)やはりシンボルがないのも辛い。
対処のしづらさが問題で、自分が使って強いなら相手が使っても強いのです。
結構どんなデッキからも出てくるので、常に意識したプレイングが必要です。
もう少し環境が落ち着けば、紫と赤以外では見なくなるのではないかなとも思いますが。

・砲凰竜フェニック・キャノン

「フェニック」です。「フェニックス」じゃあない。
召喚するだけで2体持っていけるのはやはり強い。モノケに早々にくっつけられると絶望します。
しかしやっぱり腐る場面が出てきてしまいますね。
北斗七星龍との組みあわせはなかなかですが、北斗七星龍を召喚したターンに最大Lvまであげられるかというと微妙なので、難しいところです。
結局ペンドラゴンと同じで、シンボルがないのが響く場面が結構多いです。
どちらも強いからと何も考えずにデッキに投入するのは危険じゃないかなぁと私は考えます。しっかりどういう役割を持てるのか把握してから入れるべきでしょう。

・シュリケラプトル

赤の3コストはこれかティラノイドが定番になるのではないでしょうか。
後攻1ターン目で大体のスピリットを焼きながらアタック出来ます。
ペンドラゴン、フェニック・キャノンとの相性も良好。
こいつのおかげでブロンズメイデンが素晴らしく強く感じます。

・木星神龍ノブナガード・ゼウシス

これと北斗七星龍を3枚積んで、ケルベロードを高速召喚するデッキがなかなかの爆発力を持っており、面白いです。
爆発力に優れるがゆえに安定性皆無ですが、速攻召喚されたケルベブレイヴスピリットは勝負を決めるのに十分な決定力を持ちます。
実は強いのはケルベロードというのは内緒。

・きぐるみクマッタ―

イスフィールとの相性が大変よろしい。
凱旋門、コロッセオを無視してマジックを2倍にすることが出来ます。
BP修正値も+4000とかなり高く、それでいてシンボルも付いていますから、かなり優秀なブレイヴではないでしょうか。

・フェンリル・キャノンType−B

シンボル追加、BP+3000、装甲2色はずるい。
ギラファランドウにこれか、シールドドラゴンで積むデッキにならないように構築に注意が必要です。



| バトルスピリッツ | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
紫赤ブレイヴビートコントロール(タッチ白)

新環境1発目で優勝したので記念に。

続きからどうぞ。

続きを読む >>
| デッキ | 17:51 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ペンドラゴンやらフェニック・キャノンやら

除去性能にすぐれ、3コストにブレイヴ出来るブレイヴカードとしてペンドラゴン、フェニック・キャノンと2種類が事前公開されています。
次からの環境の中心になるのではないかな、と私は思っています。

現在の環境では、後攻1ターン目4コストスピリット→後攻2ターン目バルガンナーブレイヴが強力な動きとして存在しています。
後攻2ターン目から相手のスピリットを除去してテンポを崩し、ドローを稼ぐことが出来るこの動きはとても強力です。
しかし、上記のブレイヴカードによって、その動きが大きく阻害される恐れがあります。
どちらも5コストのブレイヴですので、先行2ターン目には3コストのスピリットにブレイヴすることが可能です。

ペンドラゴンはほぼ間違いなく後攻1ターン目のスピリットを除去し、BP5000以上でのアタックが可能となります。
2体以上スピリットを展開していても、召喚時効果、アタック時効果で除去される恐れがあります。
さらにこの場合シンボルがないことが幸いして、相手に不要なコアを与えることがなくなります。
ダブルシンボルが横行している環境ですので、相手のライフを偶数で抑えることが出来るのは強力です。
フェニック・キャノンは先行で3体以上展開されていても(そのような状況はまずないでしょうが)ほぼ間違いなくすべて除去することが可能です。
軽減用に配置したネクサスも割られてしまいます。
その後も激突によるボードコントロールに困らされることになります。

現環境ではほぼ後攻取ったら有利にゲームを進めることが出来ますが、新環境ではそうはいかなくなります。
後攻で相手のスピリットを除去できるスピリットは次の環境で見直されるかもしれません。
マミーラ、ヘル・ブリンディ、ホーングリズリー・・・etc、etc


| バトルスピリッツ | 02:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
折れる

先週末のコアリーグも紫を使用して、決勝まで行きましたが白相手に惨敗。
先々週も紫使って決勝で白に負け。

私の構築が対白に関して甘いのもあるでしょうが、流石に心折れます。

昨今の紫は赤を混ぜて構築するのが一般的な気がします。
バルガンナーやキュービックなどですね。
デッキを2色にすることによって、テンポが若干落ち、バウンスに弱くなります。
バウンスに対してはネクサスが有効な対抗手段となります。
ブレイヴパックの古の魔王城はバウンスの対象をこちらが決められるので、対白を考える上ではかなり優秀なネクサスとなります。
しかし、モノケ+ギラスを狙うようなデッキには無駄になってしまいます。
新弾発売後はギラスのスロットがフェニック・キャノンになるのでしょうが、結局はネクサスを割られてしまいます。
フェニック・キャノンが配置された次のターンなどにネクサスを配置出来れば良いのですが・・・。
新弾発売後は今までギラスを積んでいなかった白中速などにもフェニック・キャノンは積まれることになると思いますので、ネクサスは肩身が狭いのは変わりないでしょう。
ギラスのように毎ターン割られるわけではないので、タイミングによっては有効な一手となるでしょう。

装甲に関しては、結局はBPで越えるしか有効な手段がないように思います。
モノケ、デュラクダール、ゲンドリルなど使いやすい装甲紫はBP6000が基本のラインです。
それを2コアで越えられるモルドレッドは非常に優秀なスピリットといえます。
しかしアタック時にスピリットを破壊しなければならないので、アド損になったり、そもそもアタック出来なかったりします。
BP7000以上を簡単に維持できる紫スピリットが出てきてくれれば、また変わるかもしれません。
しかしBPに関しては、ブレイヴの登場によって上昇させることが簡単になりましたので、色々変わってくる部分がありますね。
新弾発売後はフェンリルキャノンType-Bが怖いです。
ギラファなんかにつけられてゲームエンドとなるのは勘弁してほしいですね。

| 雑記 | 19:25 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ひさし

しばらく放置してしまいました。
やる気低下が一番の要因。
この放置期間で数回大会には出てますが・・・1回優勝したきり。
この間の初コアリーグもダメでした。

また紫を使い始めてはいますが、やはり白が厳しく、全勝は厳しい。白以外には負けませんが・・・
装甲によって除去マジックが紙切れになるのはもちろん、やはりバウンスが一番つらいです。
不死のトリガー、ミストウィゼル、キュービック・・・色んなスピリットも意味がなく。
かといって白のために聖命なんかいれちゃうと赤青に辛く、聖命は白メタにはなるけどそれにしかならない、といった印象です。
今の紫は相手の軽減を毟り取り、テンポをどんどんとっていかないと辛いので、除去を無視されるのは非常に辛い。
スピリットの破壊でアドバンテージを取るので、バウンスが非常に辛い。

紫は強いんですが、白、という驚くほど無理ゲーな色が環境に結構な数存在していることから、ハイランカーパスを狙ったりするのは厳しいと思われます。
他の色には良い勝率を叩き出すんですけどねぇ。

もう少し研究します。
もう環境変わりますけど。

| 雑記 | 15:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ショップバトル雫石

昨日は雫石のたまやさんでショップバトルでした。

参加人数は10人
スイスドロー3回戦2本先取制限時間30分
使用デッキは皇ウルビート

1回戦 皇ウルギラファ ○○

1本目はインビジでクソゲー。
2本目はインビジ皇ウルをブリザードウォールされ、回廊も張られ、危険かなと思いましたが、無理やり皇ウルを回復させまくって殴り勝ち。

2回戦 ノヴァ ×○○

1本目はモノケもないのに調子のってパンチして返しに数押しで死亡。
2本目3本目は皇ウルでクソゲー。
ノヴァがなくて良かった。

3回戦 不死ビート ○○

1本目2本目ともにモノケを早々に立ててバウンスで場をコントロールし殴り勝ち。

結果優勝。
ギラファ2枚目です。

本日参加された皆さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

| レポート | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ショップバトル雫石

先週の土曜日は雫石のたまやさんでショップバトルでした。

参加人数は7人。
スイスドロー2本先取3回戦、制限時間30分でした。
使用デッキはだって使ってみたかったんだよノヴァデッキ。

1回戦 ノヴァ ○○

相手の手札のかみ合わせが悪かったらしく、1本目2本目ともにビートして勝ち。

2回戦 緑白ヴォルザ ×○○

1本目はインビジで終了。
2本目、3本目はノヴァでクソゲーしてそのまま殴り勝ち。

3回戦 ノヴァ ×○○

1本目は、ノヴァ含むスピリットのアタックをVFでさばいたと思ったらまさかのエマージェンシーでやられました。完全に失念していた。
2本目は、クソゲーの応酬をなんとか競り勝ち。
3本目は相手が3体で殴ってきてくれたのを機に、ソルソルノヴァで流れを持ってきて焼きながら勝ち。

結果優勝。
そういえば今回からギラファでした。

参加された皆さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

| レポート | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ショップチャンピオン大会雫石

本日は雫石のたまやさんでショップチャンピオン大会でした。

前日に寝ていないことと、テンションが上がりすぎてあまり試合結果を覚えていないのですが、とりあえずレポート。

参加人数12人
スイスドロー2本先取3回戦制限時間30分でした。
使用デッキは紫ビート。

1回戦、2回戦を勝ち抜け、最終戦。

最終戦 ノヴァ ○○

1本目は高速でモルドレッドを展開し、相手の軽減を減らし、最後はダンスマカブルでコアを調整して殴り勝ち。
2本目は相手がティラノイド2枚とアンドロメテオスをLv1で立ててくれたので、ジークリで美味しく頂き、そのままダブルシンボルの力で殴り勝ち。

結果優勝。
盾とダゴンをいただきました。

ここしかチャンスがなかったので非常に嬉しかったです。
本当に良かった・・・。

本日参加された皆さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

そしておやすみなさい。

| レポート | 17:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/9PAGES | >>