CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ケルベロード | main | 2011仙台CS使用デッキ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
スカルデビルとボーン・ドッグ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


新年一発目は紫速攻におけるスカルデビルとボーン・ドッグについて。
もう少しでCSが各地で開催され、みなさんガンスリ攻略に関して色々頑張っているころだと思います。
一般的にはガンスリは速いデッキが有利・・・というか、ガンスリンガーという大会形式上、やはり抜けるには速いデッキではないと厳しい。
私は速いデッキは肌に合わないのですが、頑張って研究を進めているところです。
では本題。

紫速攻でのハナシなので、系統はとりあえず無視します。
スカルデビル、ボーン・ドッグ、どちらも、コスト1の軽減1、Lvは2までの紫の記述なしスピリットです。
違いはそのBPとLv2維持コスト。
スカルデビルはLv1でBP2000、Lv2は2コアでBP3000。
ボーン・ドッグはLv1でBP1000、Lv2は3コアでBP4000。
紫速攻を作る上で、1コストは1種類〜2種類が積まれるのが基本だと思います。たいていの人は紫の1コストスピリットならば真っ先にボーン・ドッグを選択するでしょう。

ボーン・ドッグの利点は、

・先行1ターン目にBP4000で立てられる。(最大BPが4000)
・後攻シュリケラプトルを回避できる。(シュリケラプトルに焼かれないBPである)
・ゲパルバート、アルファズルなどをブレイヴすることでBP6000となり、モノケロックと相打つことが出来る。

こんな感じでしょうか。
逆にいえば、スカルデビルには上記のボーン・ドッグの利点を一つも持ちません。
しかし、スカルデビルの利点は、

・Lv1のBPが2000である。
・Lv2の維持コアが2つでBP3000になれる。

この利点は、特に同系戦で発揮されます。
グリプ・ハンズ、魔法剣士ドラゴナーガ、バイ・パイソンと簡単に相打ちに持っていくことが出来ます。魔術師ドラゴナーガ、スケル・バイパーと相打ちを取ることも可能。
バイ・パイソンと相打ちを取れるのは結構大きく、必要以上にアドバンテージを持っていかれることを防げます。殴ってこなければ次のターンで除去してしまえば良し。
中盤戦以降、お互いのスピリットが並び、殴り合いになった時にLv1BPが高いことと、Lv2の維持コアが2つなことが輝きます。
紫はコアがカツカツなので、中盤戦以降、ボーン・ドッグをLv2で立てておくことが難しいためです。


ただの軽減要因、数押し要因とあなどるなかれ、1コストには色々な可能性が秘められているのです!!
・・・とまぁ、でも結局1コストは1コスト。貧弱なことには変わりありません。ロクにブレイヴも出来ません。
今回の記事は、まぁ、こういうことも考えてデッキを組むと良いよ、ってくらいに捉えてくださいな。
ソウルホースって選択肢もありますが、彼は役割が今回の2枚とは違うので、今回はおやすみで。





| バトルスピリッツ | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:07 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nananasupi.jugem.jp/trackback/75
トラックバック