CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 新環境雑感 | main | 赤ブレイヴコントロール(タッチ紫白青) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ミストカーテンとかバインディングソーンとか

ミストカーテンが私の周りの環境では物凄く流行っている・・・気がします。
現環境は北斗七星龍からのブレイヴで簡単にダブルシンボルを調達することが出来ることが採用理由の一つだと思います。
あとはその軽さ。
現環境では序盤の除去合戦で自分のターンが回ってくるときに場にシンボルが全くない、ということがしょっちゅうあります。
つまり、軽減を利用せず展開することが多くあるため、なかなか場にコアを残しておけません。白以外でサイレントウォールを撃とうとしたら場のすべてのスピリットを犠牲にしないといけないなんてことがこれまたしょっちゅうあります。
そんな時に北斗七星龍からのケルベブレイヴなんて食らってしまったら、とりあえず生き延びたけど場は更地。敗北は必至です。
ミストカーテンならサイレントウォールの半分のコストで生き延びることが出来ます。

しかし、ミストカーテンも白装甲には効かないし、結局はアドバンテージを損するカードです。
北斗ケルベを止めたは良いけど、返しのターンで除去できずに負けた、なんて笑えません。

ミストカーテンもデッキを選ぶカードです。
スミドロードがデッキに入るコントロール系のデッキなら、一考する価値はあると思います。
白ならバウンス、そもそも軽減があるからサイレントウォールのほうが良いでしょう。
緑は返しのターンで除去することはまず不可能でしょうから、疲労マジックで寝かせたほうが良いでしょう。
紫は返しのターンで除去する術が豊富なので、積んでも良いでしょう。フェンリルキャノンType−Bに対するささやかな回答にもなります。
赤は・・・すごく微妙なラインだと思います。北斗ケルベなんてデカブツを赤が除去する術はかなり限られています。

2コスト、という軽さを求めるのなら、バインディングソーンという選択肢もあります。
バインディングソーンでは一番最初のアタックは止められませんが、相手のスピリットを寝かせることで、次のアタックステップにつなぐことが出来ます。テンポアドは取れます。
アタックにも使えるので、融通が効きます。

しかし、最初のアタックが止められないことが響く場合もあります。一長一短ですね。

自分のデッキが何に弱いのか、しっかり把握して、採用すべきです。
デッキの中のカード1枚1枚にしっかり役割を与えてあげましょう。
時にはどっちも積むことも考えても良いでしょう。


| バトルスピリッツ | 03:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 03:05 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nananasupi.jugem.jp/trackback/72
トラックバック