CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 折れる | main | 紫赤ブレイヴビートコントロール(タッチ白) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ペンドラゴンやらフェニック・キャノンやら

除去性能にすぐれ、3コストにブレイヴ出来るブレイヴカードとしてペンドラゴン、フェニック・キャノンと2種類が事前公開されています。
次からの環境の中心になるのではないかな、と私は思っています。

現在の環境では、後攻1ターン目4コストスピリット→後攻2ターン目バルガンナーブレイヴが強力な動きとして存在しています。
後攻2ターン目から相手のスピリットを除去してテンポを崩し、ドローを稼ぐことが出来るこの動きはとても強力です。
しかし、上記のブレイヴカードによって、その動きが大きく阻害される恐れがあります。
どちらも5コストのブレイヴですので、先行2ターン目には3コストのスピリットにブレイヴすることが可能です。

ペンドラゴンはほぼ間違いなく後攻1ターン目のスピリットを除去し、BP5000以上でのアタックが可能となります。
2体以上スピリットを展開していても、召喚時効果、アタック時効果で除去される恐れがあります。
さらにこの場合シンボルがないことが幸いして、相手に不要なコアを与えることがなくなります。
ダブルシンボルが横行している環境ですので、相手のライフを偶数で抑えることが出来るのは強力です。
フェニック・キャノンは先行で3体以上展開されていても(そのような状況はまずないでしょうが)ほぼ間違いなくすべて除去することが可能です。
軽減用に配置したネクサスも割られてしまいます。
その後も激突によるボードコントロールに困らされることになります。

現環境ではほぼ後攻取ったら有利にゲームを進めることが出来ますが、新環境ではそうはいかなくなります。
後攻で相手のスピリットを除去できるスピリットは次の環境で見直されるかもしれません。
マミーラ、ヘル・ブリンディ、ホーングリズリー・・・etc、etc


| バトルスピリッツ | 02:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:10 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nananasupi.jugem.jp/trackback/69
トラックバック